googleマップ(もしくはパソコンの画面)をWord、PowerPoint等に貼り付ける方法 windows版

仕事の資料やイベントの案内状を作る時に会場などを示すために地図を貼り付けたいということがたまにあると思います。 細かい加工はできないのですがgoogleマップを貼り付けるのが簡単なので、その方法を解説します。

PCの画面に表示されているものであれば何にでも使える方法なので、Webサイトやアプリの画面などGoogleマップ以外にも応用できます。

作業は①画面のスクリーンショットを撮る → ②ペイントアプリで加工する → ③貼り付ける の順番でやります。

画面のスクリーンショットを撮る

Officeアプリケーション(Word、Excel、PowerPoint等)に貼り付けるだけであればPowerPointの機能でスクリーンショットを撮る方法が簡単なのですが、古いバージョンのOfficeやその他のアプリにはその機能が無いので、 色々なケースに対応できるようにWindowsのスクリーンショット機能を使って貼り付ける方法を解説します。

まずはgoogleマップのサイトに行きます。
https://www.google.co.jp/maps/

左上の検索ボックスに表示したい場所を入力して場所を表示します。

検索を実行するとこういう画面になります。

打ち上げに使うお店など、名前で検索しても出てこない場所であれば住所で検索したり、 グルメサイトのリンクからgoogleマップに飛んできてもOKです。

地図の大小、位置などを調整します。今回は地図を縮小して南北の最寄り駅が入るようにしました。

ここからはキーボードの操作になります。PCの画面を撮影するのですが、 そのためにキーボードの「プリントスクリーン」キーを押します。

プリントスクリーンキーの表記はPCによって様々で、PrintScreenとちゃんと書かれていることもあれば、PrtScnとかPs/SRとかprt scなどと書かれている場合もありますが、いずれにしてもキーボードの右上の方にあると思うので探してみてください。

PrintScreenキーを押しても、何も起こりませんがクリップボードにデータが保存されているので大丈夫です。

ノートパソコンやコンパクトなキーボードだとPrintScreen専用のキーが無いこともあります。その場合プリントスクリーンキーだけを押してもうまくいかない可能性がありますので、Fnキーを押しながらプリントスクリーンキーを押してみてください。

Fnキーはキーボードの左下のほうにあります。下記の記事も参考にしながら探してみてください。
www.ddc.co.jp

「ペイント」アプリで編集する

次に「ペイント」というアプリケーションを開きます。 開き方ですが、まずは画面左下のウィドンウズマークをクリックします。windows10の場合はもう少し小さくて白いマークになっています。



クリックすると下記のようなメニューが出てきます。windows10だと全然デザインが違いますが同じように作業を進められるので大丈夫です。

その状態のままで日本語で「ペイント」と入力します。入力すると検索結果としてペイントというアプリが出てきますのでそれをクリックします。

ペイントが立ち上がるとこういう画面が表示されます。 ここに先ほど撮影したPCの画面を貼り付けるために 左上にある「貼り付け」というボタンをクリックします。

下記のような感じで貼り付けボタンの色が薄くなっている場合は画面の撮影に失敗しているので、もう一度PrintScreenキーを押す作業をやり直してみて下さい。Fnキーとの同時押しが必要かもしれません。


貼り付けに成功すると下のような画面になります。パソコンの画面が大きい場合はスクリーンショットも大きくなり、撮影した画像の全体が見れないので、全体を見られるようにするために表示を縮小します。

まずは表示タブをクリックします。

次に縮小をクリックします。1度クリックしてもまだ大きい場合は何度かクリックしましょう。全体が見られるようになればOKです。

縮小すると下図のような画面になります。このままだと余計な部分まで移りこんでいるので必要な部分だけを取り出す作業をします。

まず選択というボタンのところを確認します。オレンジ色になっていればそのままでOKです。なっていなければ一度クリックしましょう。これで必要な部分を選択できる状態になりました。

マウスを左クリックしたままマウスを動かすと選択できます。範囲が決まったら左クリックを離します。こんな感じになります。

画像だと分かりにくいですが指定した範囲が点線で囲まれています。

この状態でマウスのカーソル(マウスの矢印)を点線の内側に持っていきます。 そして右クリックをするとメニューが出てくるのでコピーを選びます。これでペイントでの作業は終了です。

あとは使いたいアプリ(PowerPoint、Wordなど)を立ち上げて右クリック→貼り付けでOKです。

範囲を指定する時の注意点として、googleマップの画面右下に表示されている権利帰属表示を外さないようにしましょう。上の事例だと外れてますね…。悪い例ということで…。

詳しくはGoogleのガイドラインを確認して下さい。 https://www.google.co.jp/permissions/geoguidelines.html

この一連のやり方を覚えておけば、GoogleマップだけでなくWebサイトやアプリの画面を撮影して貼り付けることができます。

仕事で報告書やプレゼン用のスライドを作成したり、プライベートで誰かにアプリの使い方を説明する資料を作ったりする時に役立つので、覚えておくと便利です。